電動コーヒーミルの使い方 カリタCM-50(動画)

このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは。しげとしです。

私は、家庭用に使うなら、このタイプの電動コーヒーミル(カリタCM-50)が一番オススメです。

コーヒーの器具は、スポーツの道具と同じでTPOによって選ぶのが良いんです。このタイプのミルは、精度は低いものの掃除がしやすくてメンテナンスが楽なので家庭用として向いています。

一般のご家庭の使い方を考えたとき、高価なコーヒーミルのように高性能の刃がついていて挽きの精度が高いことより、キレイに掃除してあって前のコーヒーや微粉が一切残っていないことの方が、コーヒーに良いと考えるからです。

ミルの精度の違いは気にすればわかる程度ですが、コーヒーの刃に数週間前のコーヒーの微粉がついたまま酸化しているのは「気になってしかたが無い」程、味に影響が出ます。

そのため、一般のご家庭では掃除が簡単なミルをオススメしています。

ただし、電動コーヒーミルは、案外、上手に使いこなしている方が少ないようです。

これは、上手な使い方がわからないのが原因です。苦すぎてコーヒーの味が出なかったり、バランスの悪い味に仕上がってしまったりするのは、使い方が悪いのです。

そこで使い方の動画を作ってみました。ご覧頂いて2〜3度試して頂くと、上手に使えるようになると思います。

使っているのはカリタのCM-50ですが、このタイプのミルは全て同じ構造ですので使い方は同じです。動画を参考にして使ってみてくださいね。

さて、使い方のコツは、以下の2つです。

1,軽く振りながらスイッチオン
2,「少し大きすぎるかな?!」と不安になるぐらいがベスト
3,使い終わったらブラシやティッシュで掃除をする


なお、家庭用ミルは構造がシンプルなので、業務用ミルで挽いた粉は参考になりません。お店で業務用ミルで挽いた粉をもらっても参考になりませんので、もらうのであれば「家庭用ミルで挽いた挽き方見本」をもらってください。

では、実際に使っているところをご覧ください。

まず、コーヒーミルにコーヒー豆を入れます。

コーヒーミルにコーヒー豆を入れます

コーヒー豆を入れてフタをしたら、軽く振りながらスイッチを入れて挽きます。

このタイプの電動ミルは、プロペラ式の刃が下の方についていますので、振らずに使うと刃が当たる下の方の粉だけが細かくなってゆきます。そうすると、挽きムラが大きくなりますので、微粉の苦みが出やすくなりバランスの悪いコーヒーの味になります。

軽く振りながらスイッチを入れましょう。これが、最初のコツです。

スイッチを入れる時間は「メジャーカップ1杯当り5秒」が目安です。コーヒー豆がメジャーカップ1杯なら5秒、2杯なら5秒を2回に分けてスイッチを入れてください。

軽く振りながらスイッチを入れましょう

ミルを振りながら回数分挽いたら、ふたを開けて挽き具合を確認しましょう。ここで挽き具合を見てから、もう少し挽いて調整をします。

このとき、粉の大きさは「少し大きすぎるかな?!」と不安になるぐらいがベストです。

電動コーヒーミルが使えない人は、100%!ここで細かく挽きすぎています。

最初は不安かもしれませんが、大きな粒がゴロっと残るぐらいで思い切って挽くのをやめて「エイ!」と抽出して味を見てください。案外、大粒な豆が残っていても、良い味に仕上がっているはずです。

粉の大きさは「少し大きすぎるかな?!」と不安になるぐらいがベストです

使い終わったら、ブラシやティッシュなどで中をキレイに掃除してください。

私どもでコーヒー豆をお買い上げ頂いた場合は、備考欄で「挽き方サンプル希望」とお申し付け頂くと、挽き方サンプルを無料でお付けできます

既に挽いたものを見ながら挽けば安心だと思いますので、ご希望の方はお申し付けください。

私どもでお買い上げ頂いた場合は、備考欄で「挽き方サンプル希望」と思うしつけ頂くと、挽き方サンプルを無料でお付けできます

電動コーヒーミルは、動画をご覧頂けばわかるとおり、2杯分がほんの数秒で出来上がります。

「挽きムラが…」と神経質に考える方には向いていませんが、上手に使えば高価なコーヒーミルとそれほど遜色が無い味に仕上がります。

なにより、使い終わった掃除が簡単なので、いつでもキレイな状態を保つことが出来ます。

確かに、高価な機種に比べて挽きの精度は良くありませんが、酸化したコーヒーの微粉の濁りに左右されること無く、毎回正しい味を楽しむことが出来るのは素晴らしいことだと考えています。

電動コーヒーミルは、上手に使えれば便利な道具ですので、ぜひ、練習して使いこなしてくださいね。

では、また。


● トップページに戻る
ハリオ式円錐ドリッパー
ハリオ式円錐ドリッパー
コーヒー用ドリップポット
コーヒー用ドリップポット
電動コーヒーミル・スターターキット
電動コーヒーミル・
スターターキット
グァテマラ・パカマラ
グァテマラ・パカマラ
しげとしコーヒー




しげとし珈琲のしげとしです。

【重歳 修 (しげとし おさむ)】
[有限会社しげとし珈琲代表取締役]

1966年岡山県生まれ。高校に行く傍ら16才から親が経営する喫茶店でアルバイトを始める。高校卒業後、甲南大学に進学するも、学校をサボってカフェでコーヒーを飲むことにうつつを抜かす。

卒業後、イトーヨーカドーに入社し婦人衣料部に配属される。売り場で年配の女性に衣料を販売している時、「お客様が欲しいのは『服』ではなく『お母さん新しい服買ったの?』というご家族のひと言では無いか?」と感じたことが人生の転機となる。

「ご家族との会話が欲しいならコーヒーの方が良い」と考え会社を辞め、「人と人をつなぐ接着剤としてのコーヒー」をテーマにコーヒー屋を開業。「ご家庭でおいしいコーヒーを楽しむ」ことに全力を傾け、現在に至る。



【しげとし珈琲の店舗は、楽天にあります】

コーヒーにこだわり、焙煎や抽出など技術にこだわった結果、「素材に勝る技術無し」と言う結果になりました。

上がり続けるコーヒー生豆の価格に対応して、原価を気にせず最高の素材を使って手間と時間をかけて自分の思う最高のコーヒーを作った上で、ご家庭で手軽に楽しんでいただける価格を守るために、悩んだ末に、実店舗をお休みして通販専門店になることを決めました。

今は、直火焙煎コーヒー豆 しげとし珈琲というお店を楽天で営業しています。

欧米の業者との買い付け競争に高価格で勝ち、素晴らしいコーヒー生豆を買い付けた上で販売価格を抑えるためには、少人数で一生懸命に働き、販売管理システムを使って店舗運営を効率化することが必要です。

そう考えたとき、今のしげとし珈琲には楽天のセキュリティが最適でした。

ネットの世界にありながら、ご近所のお店と同じような対応が出来るお店でありたいと日々精進しています。

facebookページでは、お店で起こる毎日の出来事や、新しいコーヒーのご紹介など、身近な話題をお届けしています。
新しい動画が出来たときは、一番最初にfacebookでご紹介しますので、ぜひ「いいね!」してくださいね。
 

● トップページに戻る

sitemap
 
【お問い合わせは、こちら

〒700−0901 岡山県岡山市北区本町1−4
有限会社 しげとし珈琲
電話・FAX 086-222-9246
E-mail shigetoshicoffee@syd.odn.ne.jp


【お買い物は、こちら】
http://www.rakuten.co.jp/shigecafe/
【しげとし珈琲の目指したい姿】

「おいしいコーヒーは、人を豊かにする」と、私達は考えています。

貧しい国の農民が一生懸命に作った高品質なコーヒーを、農民が「喜んで売りたい」と思う金額で買い、「喜んで買いたい」と思うお客様に楽しんでいただくことで、自分を含めて世界中の皆が豊かに幸せになれる「珈琲を通じた笑顔の循環」を作りたいと考えています。