なぜ、ウチにはオーガニックコーヒーがないのか?

なぜ、私はオーガニックコーヒーを宣伝しないのか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。しげとしです。


「オーガニック(有機無農薬)は、販売していないんですか?」


これは、お店でよく聞かれる質問です。


「オーガニック(有機無農薬)」は、JASOCIAなどの公的機関の基準をクリアした認証をとっている環境に優しい栽培方法で育てたコーヒーのことです。一般的に高値で販売されていて、市場では根強い人気があります。


しかし、私は「オーガニックだから」という形で、コーヒーをオススメすることがありません。


「おいしいと思ってオススメしたコーヒーが、たまたまオーガニックだった」ということはありますが、「オーガニックだからオススメしたい」ということは、ウチでは無いんです。


それは、オーガニックコーヒーは「有機無農薬」の基準で作られているだけで、おいしいコーヒーとは限らないからです。


おいしいコーヒーを継続的に作り続けようとすれば、農薬をたくさん使い続けることが出来ませんので、結局は化学肥料をやめて有機肥料を工夫して使ったり、農薬の使用を制限して自然に優しい形で病害虫の管理方法を工夫する必要があります。


ですから、おいしいコーヒーを継続的に作り続けようとすれば、必然的に環境に優しい形の栽培方法になります。


私が扱うスペシャルティコーヒーは、何も認証が無いにもかかわらず、ほとんどすべての「オーガニックコーヒー」よりも高価です。


何も印がついていなくて一般の方には見分けがつかないのに、非常に高価なコーヒー生豆があって、それを味覚で評価して良いロットだけ買っています。


私が目利きとして評価して「素晴らしい」と思うコーヒーだけをご紹介するのが、あるべき姿だと考えています。


また、「オーガニック」は、日本では一般的に健康に良いイメージや品質が良いイメージがあります。


しかし、「オーガニック」という認証は栽培方法を中心に検査しているので、「農薬を使わないから環境に負荷を残さない」ということは証明できても「品質が良い」とか「健康に良い」ということとは、基本的に関係がありません。


オーガニックは農法ですので、一部の方がイメージしていらっしゃるような「薬」ではありませんし、品質の検査はオーガニック認証とは別に行われる必要がありますので、「オーガニックだから健康に良い」「オーガニックだから旨い」というのは認証の性質上、関係が無いはずなんです。


また、日本の有機栽培はカルガモ農法のように高い技術と手間が必要ですが、コーヒーの場合は「手間をかけずに、ただ放置しているだけ」のコーヒー農園がオーガニックの認証をとることが出来るんです。


「オーガニック」は、農薬を使わずに努力をしておいしいコーヒーを作る農園と、何の努力もせずに放置しているだけの農園の区別がつかないことが、問題だと考えています。


最近は、自然の森の中にコーヒーを植えて手間をかけずにおいしいコーヒーを作る高度な農法もありますので手間をかけないことが一概に悪いと言うことも出来なくて、努力をせずに放置している農園との区別はさらに難しいでしょう。


一般論ではわかりにくいので、私が2010年にグァテマラ視察の際に立ち寄ったオーガニックコーヒー農園のお話をしましょう。


ちなみに……全てのオーガニック農園がこれからご説明するような農園だとは思いません。


しかし、自分の農園名がブランドとして通用すれば農園名で売り出す方が利益が出ますので、「オーガニック・コーヒー」という名前のノーブランドのコーヒーにならないだろうと思っています。


農園名で取引されない「オーガニック・コーヒー」という名前のノーブランドのコーヒーには、このタイプのコーヒーが混ざっているのだろうと感じています。

<font size="-1">盆地状のなだらかな平地にコーヒー農園があることがわかります</font>

その農園は、首都グァテマラシティの近郊にありました。写真の見渡す限りの土地が、この農園の所有物です。


昔は全てがコーヒー農園でしたが、コーヒー相場の乱高下の中で時代とともにコーヒーでは経営が成り立たなくなって、今は一部だけがコーヒー農園として使われています。


盆地状のなだらかな平地にコーヒー農園があることがわかります。


私達が到着すると、まず、オーナーさんのご自宅に隣り合わせた生産処理施設(ベネフィシオ)を見学させてもらいました。

廃墟かと思って聞くと、現在も使われている生産処理施設(ベネフィシオ)だと言われました

廃墟かと思って聞くと、現在も使われている生産処理施設(ベネフィシオ)だと言われました。


しかし、ガラスは割れて屋根は相当傷んでいます。

しかし、ガラスは割れて屋根は相当傷んでいます


建物の中の機械も相当ひどくて、年代物です。

建物の中の機械も相当ひどくて、年代物です

建物の中の機械も相当ひどくて、年代物です


コーヒーの果実の処理に使う発酵槽も、使われている物とは思えない程汚れています。

コーヒーの果実の処理に使う発酵槽も、使われている物とは思えない程汚れています


当然、乾燥処理場も手入れがされていません。

乾燥処理場も手入れがされていません

ええ、荒れ放題です。


これを見る限りでは「オーガニック」というよりも、「何も努力しないで放置している農園」といった方が正解のように感じます。


この後、コーヒー農園に行ったのですが、農園でもこの予想は当たっていました。


4駆トラックに揺られてコーヒー農園に着くと、マネージャーがコーヒーの説明をはじめました。

コーヒー農園に着くと、マネージャーがコーヒーの説明をはじめました


ところが、しゃべるのをやめて銃を取り出して「何かあると行けないから、1発撃っておこう」と言い始めたんです。


密林の中からテロリストが出てきて拉致される可能性があるそうで、こちらが銃を持っているのがわかれば近寄ってこないんだそうです。

ところが、しゃべるのをやめて銃を取り出して「何かあると行けないから、1発撃っておこう」と言い始めたんです


「なんじゃそりゃ〜?」という私の心の叫びを無視して、マネージャーさんは「あんた達も撃ってみろ」と言い始めました。


それまで、非常に反応が薄かった日本人が、銃が出たとたんに盛り上がったので「一発撃たせてご機嫌を取っておこう」という魂胆のようです。


あまり乗り気では無いものの、皆さんにせかされて私も一発撃たせてもらいました。

私も一発撃たせてもらいました

私も一発撃たせてもらいました


みんなで1発撃って、記念写真です。

みんなで1発撃って、記念写真です


なんだか、心の奥の方が冷めて行くのを感じます。


肝心のコーヒーは、こんな感じです。


葉っぱの色が変っているのはサビ病と言うコーヒーの病気です。


「オーガニックだから、農薬を使ってないコーヒーの勲章だ」と言いたい方もいると思いますが、標高が低い上に、湿気がたまりやすい盆地状の平野で、間隔を充分にあけずにコーヒーをギッチリ植えれば、サビ病が出るのは容易に想像できます。


もっと間引いて間隔をあけて、風通しを良くしてやれば、状況は変るはずです。

葉っぱの色が変っているのはサビ病と言うコーヒーの病気です


コーヒーの木を植えている間隔が狭くて日当たりも悪いので、コーヒー農園には日が入らず湿った空気が充満しています。これなら、人間だって病気になります。

コーヒーの木を植えている間隔が狭くて日当たりも悪いので、コーヒー農園には日が入らず湿った空気が充満しています


現地でコーディネートしてくれたホセが「オーガニックなのに、こんなに実がついてるぞ」と教えてくれます。でも、手間がかかっていなくて「放置」されて育っているのは、見ればわかります。


その証拠に、コーヒーが絡み合うように近くに植えられていて、管理されているような秩序が見えません。オーガニックであっても、おいしいコーヒーを作ろうとすれば管理して栽培する必要があるはずなんです。

コーヒーが絡み合うように近くに植えられていて、管理されているような秩序が見えません


「こんな農園を見に来たはずじゃ無かった…」という気持ちが、心の奥に湧いてきます。


標高は1175メートル。コーヒーは標高が高い方が一般的に良いコーヒーがとれるのですが、全体的に標高が高いグァテマラでは、それほど標高が高い農園ではありません。

標高は1175メートル


オーガニックというより放置状態の農園で「何年も農薬すら与えてないからオーガニック」というのは、いかがなものでしょうか?


確かに、農薬と化学肥料を与えてコーヒーをジャンジャン収穫する一般のコモデティコーヒーより良いと思います。

しかし、私の目指してきたスペシャルティコーヒーとは、全く方向性が違うのを感じます。


「何年も農薬すら与えてないからオーガニック」というのは、いかがなものでしょうか

「何年も農薬すら与えてないからオーガニック」というのは、いかがなものでしょうか


コーヒー農園を見た後、「ぜひ見せたいものがある」といって4駆トラックでさらに奥の方に連れて行かれました。


そこには広大な土地が広がっていて、今はラジコンヘリを飛ばすために土地の一部を貸しているそうです。


「ここから向こうの山まで、昔はコーヒー農園だった。あなたが投資して、コーヒー農園を作らないか?」


というお話が、延々と続きます。

「ここから向こうの山まで、昔はコーヒー農園だった。あなたが投資して、コーヒー農園を作らないか?」


「何考えてんの?」という日本人達の空気に気づいたのか、そろそろ帰ろうという話になりました。


帰りがけに見たパイナップル畑は、素人の私が見ても「まとも」に思えました。

ここは、同じ農地の一部で、オーナーさんが小作人に農地を貸しているブロックです。

ここは、パイナップルとトウモロコシがそれぞれ単一栽培されているのですが、よく手入れがされているように見えます。

りがけに見たパイナップル畑は、素人の私が見ても「まとも」に思えました

りがけに見たパイナップル畑は、素人の私が見ても「まとも」に思えました


パイナップルは輸出するのでは無く、首都グァテマラシティで消費されるようです。


ここでパイナップルとトウモロコシを作っている小作農のおじさんがいました。小作農のおじさんの顔を見ていると同じ土地でも農民がしっかりしていれば、良い物が出来るのだろうと想像しました。


たしかに農産物は作る土地によって品質が違いますが、それよりも作り手の情熱や愛情が、農産物の品質に大きく関係するのだろうと感じたんです。

小作農のおじさんの顔を見ていると同じ土地でも農民がしっかりしていれば、良い物が出来るのだろうと想像しました


そんなわけで、私がはじめて訪れたコーヒー農園は、「オーガニックコーヒー」のコーヒー農園でした。


全てがこんなだとは思いませんが、オーガニックという仕組みで考えれば自然の中で放置しているだけの努力不足の農園も「オーガニック」に入ってしまう可能性があります。


だから、「オーガニックだから良い」とは思わないんです。


農薬と科学肥料をジャンジャン与えて育てるコモデティコーヒーより良いと思いますが、私がオススメしたいコーヒーで無いのは、わかって頂けると思います。


私も「オーガニック」という取り組みは素晴らしいと考えています。


素晴らしいコーヒーが「たまたまオーガニックコーヒーだった」というのはありますし、化学肥料と農薬を大量に使う一般的なコーヒー(コモデティ)よりもオーガニックの方が良いと思います。


しかし、「オーガニックコーヒーが全て素晴らしい」とは、私には思えません。


だから、「オーガニック(有機無農薬)は、販売していないんですか?」という方には、ご要望に添えないんです。


透明感があって、個性的なフレーバーがあり、後味がキレイで冷めても甘く澄み切っているコーヒーが、私にとっての素晴らしいコーヒーです。このタイプのコーヒーは、今回ご説明したのとは全く別の形で栽培されています。


素晴らしいコーヒーを作るコーヒー農園は、実際に見ると全然違いますので、そんな素晴らしい農園とは継続的にお付き合いをさせていただき信頼関係を深めてゆく形をとっています。

リンクを張っていますので、よろしければご覧くださいませ。

● From Seed to Cup


では、また。


● トップページに戻る
ハリオ式円錐ドリッパー
ハリオ式円錐ドリッパー
コーヒー用ドリップポット
コーヒー用ドリップポット
モカ特選コーヒーセット
モカ特選コーヒーセット
グァテマラ・パカマラ
グァテマラ・パカマラ
しげとしコーヒー




しげとし珈琲のしげとしです。

【重歳 修 (しげとし おさむ)】
[有限会社しげとし珈琲代表取締役]

1966年岡山県生まれ。高校に行く傍ら16才から親が経営する喫茶店でアルバイトを始める。高校卒業後、甲南大学に進学するも、学校をサボってカフェでコーヒーを飲むことにうつつを抜かす。

卒業後、イトーヨーカドーに入社し婦人衣料部に配属される。売り場で年配の女性に衣料を販売している時、「お客様が欲しいのは『服』ではなく『お母さん新しい服買ったの?』というご家族のひと言では無いか?」と感じたことが人生の転機となる。

「ご家族との会話が欲しいならコーヒーの方が良い」と考え会社を辞め、「人と人をつなぐ接着剤としてのコーヒー」をテーマにコーヒー屋を開業。「ご家庭でおいしいコーヒーを楽しむ」ことに全力を傾け、現在に至る。



【しげとし珈琲の店舗は、楽天にあります】

コーヒーにこだわり、焙煎や抽出など技術にこだわった結果、「素材に勝る技術無し」と言う結果になりました。

上がり続けるコーヒー生豆の価格に対応して、原価を気にせず最高の素材を使って手間と時間をかけて自分の思う最高のコーヒーを作った上で、ご家庭で手軽に楽しんでいただける価格を守るために、悩んだ末に、実店舗をお休みして通販専門店になることを決めました。

今は、直火焙煎コーヒー豆 しげとし珈琲というお店を楽天で営業しています。

欧米の業者との買い付け競争に高価格で勝ち、素晴らしいコーヒー生豆を買い付けた上で販売価格を抑えるためには、少人数で一生懸命に働き、販売管理システムを使って店舗運営を効率化することが必要です。

そう考えたとき、今のしげとし珈琲には楽天のセキュリティが最適でした。

ネットの世界にありながら、ご近所のお店と同じような対応が出来るお店でありたいと日々精進しています。

facebookページでは、お店で起こる毎日の出来事や、新しいコーヒーのご紹介など、身近な話題をお届けしています。
新しい動画が出来たときは、一番最初にfacebookでご紹介しますので、ぜひ「いいね!」してくださいね。
 

● トップページに戻る

sitemap
 
【お問い合わせは、こちら

〒700−0901 岡山県岡山市北区本町1−4
有限会社 しげとし珈琲
電話・FAX 086-222-9246
E-mail shigetoshicoffee@syd.odn.ne.jp


【お買い物は、こちら】
http://www.rakuten.co.jp/shigecafe/
【しげとし珈琲の目指したい姿】

「おいしいコーヒーは、人を豊かにする」と、私達は考えています。

貧しい国の農民が一生懸命に作った高品質なコーヒーを、農民が「喜んで売りたい」と思う金額で買い、「喜んで買いたい」と思うお客様に楽しんでいただくことで、自分を含めて世界中の皆が豊かに幸せになれる「珈琲を通じた笑顔の循環」を作りたいと考えています。