簡単!おいしい!誰でも出来る!アイスコーヒーの作り方(動画あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。しげとしです。

アイスコーヒーって、どうやって作るの?」

そんなアナタのために、絶対に失敗しないアイスコーヒーの作り方をアップしました。普通にホットコーヒーを作って、荒熱を取ってから冷蔵庫で冷やすだけのシンプルな方法です。

麦茶みたいな作り方ですので、いつもと同じように普通にコーヒーを作って冷やすだけです。

「そんなに簡単でいいの?」と言う程簡単ですので、ぜひお試しください。




<アイスコーヒーの作り方>

・ホットコーヒー4杯(1杯あたり150cc換算で600cc)
・コーヒー豆メジャーカップ3杯分・中荒挽き使用

1,ナベやヤカンでお湯を沸かし、コーヒーポットに移し替えます。お湯の温度が95度以上だと苦みが強くなりすぎますので、コーヒーポットを火にかけると失敗する確率が高くなります。そこで、コーヒーポットを火にかけないで、別の容器でお湯を沸かして、沸騰したお湯をコーヒーポットに移し替えてください。



2,ペーパーフィルターの端を折り返します。



3,3杯分のコーヒー豆で4杯分(600cc)のホットコーヒーを抽出します。普通の濃度のコーヒーを作りますので、濃いめに作る必要はありません。お湯の温度はヤカンから移し替えると92度に落ちていると思います。90度〜92度がオススメですので、速やかに抽出に入りましょう。

写真は、蒸らしが終わって1投目の写真です。



2,蒸らしが終わって2投目の写真です。ドリップは、2投目までは濃い抽出液が出て、3投目からは薄くなってゆきます。そのため、2投目までは丁寧にお湯を注いでください。



3,蒸らしが終わって3投目の様子です。3投目からは薄い抽出液が出ますので、少しお湯の量を増やし(いつもより長めにお湯を注いで)600ccまで抽出します。



4,600ccになったら、お湯が入ったままドリッパーを外して抽出を終了します。



5,出来上がったホットコーヒーを氷水を張ったボウルに入れて荒熱を取ります。



6,荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。



深煎りのコーヒーを使えば、この方法で簡単にアイスコーヒーが出来上がります。

コツは、「なるべく短時間で冷やす」ことです。

冷やすまでに時間がかかると、コーヒーの品質が悪ければ濁ったり酸味が出たりして、味が落ちてしまう場合があります。

この場合、高品質なコーヒー豆を使うと、もっと簡単においしいコーヒーを楽しむことが出来ます。

また、使っている生豆の品質が特別に良い場合に限って言えば、専用の器具を使わずに、このやり方で冷やした方がおいしいアイスコーヒーが出来上がります。

とりわけ、本当に品質が良い最高のコーヒー(スペシャルティコーヒー)は冷めると味が良くなってゆきますので、氷水のボウルなんか無くても、常温で放置するだけで大丈夫です。

コーヒーの品評会などに使われる専門的な評価方式では「冷めたときの評価が最終評価になる」と決まっています。

つまり、温かいときに良い味でも冷めてから味が落ちれば、冷めてから悪くなったところが最終評価になります。

だから、コーヒーを常温で冷ましても、冷めた後のコーヒーの方がおいしくなるんです。

ホットコーヒーをそのまま冷やすと、おいしいアイスコーヒーになるというのは、専門的には「インプルーブ」と呼ばれる特長です。

コーヒーが「インプルーブ」するためには、コーヒー農園の環境が素晴らしい上に

1,熟度の高い完熟豆だけを人の手で摘み取っている
2,摘み取り後の生産処理工程が優れている


という2つの工程が必要です。

ブラジルだけは摘み取りが機械でも、その後の工程で完熟豆だけに仕上がる機械(ピニャレンセ)を備えている場合があります。

なににしても、素晴らしいコーヒーを作るためにコストをかけて作ったものの中で、上手く出来上がったコーヒーの特長です。

このタイプのコーヒーはコストがかかるので、価格は想像できない程、高い上に、出来上がる量が少ないため欧米のトップレベルの業者との競争になってしまいます。

欧米の業者が高い値段で買い付けるため日本ではほとんど流通していない上に、しっかりお金をかける欧米との買い付け競争の結果、ビックリする程高い価格になっています。

日本では一般の流通経路では流通していませんので、このタイプのコーヒーは区別がつかない業者がほとんどですし、割高なので一部の高級コーヒー専門店以外に買う人はいません。

しかし、品質は嘘をつかないので、コーヒー生豆の素材の品質の良さが出るのが、冷めたあとのコーヒーの味・風味・後味の良さです。良いコーヒーは冷めた方が良くなってゆく(インプルーブする)ので、冷め切った後が一番おいしいんです。

アイスコーヒーの器具を買うぐらいなら、コーヒーの品質を上げることが私のオススメです。

品質が良いコーヒーを使えば、アイスコーヒーは簡単にできますので、ぜひお試しくださいませ。

では、また。


● トップページに戻る
ハリオ式円錐ドリッパー
ハリオ式円錐ドリッパー

コーヒー用ドリップポット

アンバークリスタルシュガー

リキッドコーヒー
しげとしコーヒー




しげとし珈琲のしげとしです。

【重歳 修 (しげとし おさむ)】
[有限会社しげとし珈琲代表取締役]

1966年岡山県生まれ。高校に行く傍ら16才から親が経営する喫茶店でアルバイトを始める。高校卒業後、甲南大学に進学するも、学校をサボってカフェでコーヒーを飲むことにうつつを抜かす。

卒業後、イトーヨーカドーに入社し婦人衣料部に配属される。売り場で年配の女性に衣料を販売している時、「お客様が欲しいのは『服』ではなく『お母さん新しい服買ったの?』というご家族のひと言では無いか?」と感じたことが人生の転機となる。

「ご家族との会話が欲しいならコーヒーの方が良い」と考え会社を辞め、「人と人をつなぐ接着剤としてのコーヒー」をテーマにコーヒー屋を開業。「ご家庭でおいしいコーヒーを楽しむ」ことに全力を傾け、現在に至る。



【しげとし珈琲の店舗は、楽天にあります】

コーヒーにこだわり、焙煎や抽出など技術にこだわった結果、「素材に勝る技術無し」と言う結果になりました。

上がり続けるコーヒー生豆の価格に対応して、原価を気にせず最高の素材を使って手間と時間をかけて自分の思う最高のコーヒーを作った上で、ご家庭で手軽に楽しんでいただける価格を守るために、悩んだ末に、実店舗をお休みして通販専門店になることを決めました。

今は、直火焙煎コーヒー豆 しげとし珈琲というお店を楽天で営業しています。

欧米の業者との買い付け競争に高価格で勝ち、素晴らしいコーヒー生豆を買い付けた上で販売価格を抑えるためには、少人数で一生懸命に働き、販売管理システムを使って店舗運営を効率化することが必要です。

そう考えたとき、今のしげとし珈琲には楽天のセキュリティが最適でした。

ネットの世界にありながら、ご近所のお店と同じような対応が出来るお店でありたいと日々精進しています。

facebookページでは、お店で起こる毎日の出来事や、新しいコーヒーのご紹介など、身近な話題をお届けしています。
新しい動画が出来たときは、一番最初にfacebookでご紹介しますので、ぜひ「いいね!」してくださいね。
 

● トップページに戻る

sitemap
 
【お問い合わせは、こちら

〒700−0901 岡山県岡山市北区本町1−4
有限会社 しげとし珈琲
電話・FAX 086-222-9246
E-mail shigetoshicoffee@syd.odn.ne.jp


【お買い物は、こちら】
http://www.rakuten.co.jp/shigecafe/
【しげとし珈琲の目指したい姿】

「おいしいコーヒーは、人を豊かにする」と、私達は考えています。

貧しい国の農民が一生懸命に作った高品質なコーヒーを、農民が「喜んで売りたい」と思う金額で買い、「喜んで買いたい」と思うお客様に楽しんでいただくことで、自分を含めて世界中の皆が豊かに幸せになれる「珈琲を通じた笑顔の循環」を作りたいと考えています。